Web担当者のためのSEO情報ブログ

最新のGoogle情報やSEO情報を配信!Web担当者の悩みを解決します!

Google社員によるウェブマスターオフィスアワーまとめ(2017年10月26日)

本日は、12:00からYouTubeLiveにて毎月1回(たまに2回)のウェブマスターオフィスアワーが開催されました。

動画を視聴する時間が無かったり、動画を観れる場所にいない方のために記事にします。

Googlebotくん

 目次

 SearchConsoleの閲覧権限の一括付与について

質問:SearchConsoleの閲覧できるユーザーを増やしたいと考えているのですが、一括で数100人登録できる方法はありませんでしょうか。

Googleの答え:一括で登録する方法はない。アナリティクスの権限で閲覧させることは可能。また、APIを利用してデータを取ってきて自作のダッシュボードで見せることもできるだろう。(金谷氏&長山氏)

サイトへのリンクにスパムリンクが見つかった

質問:SearchConsoleにて「サイトへのリンク」を精査していたところ、弊社サイトの一部地域におきまして、6月頃よりスパムと思わしきリンクが多数検出されておりました。

SearchConsoleでは外部リンクとして取得されているが、そのリンクが確認できる頃には既に自サイトに対してのリンクが存在しないという状況で、

1.自動による対策の対象となり得るのか?

2.なり得る場合はどのように対処すべきなのか?(統一性のないドメインで否認ツールの使用も難しい)

※一部割愛しています

Googleの答え:手動による対策にはならないだろう。スパムレポートを送ってほしい。(金谷氏&長山氏)

ページの評価のタイミング

質問:サイト内のページでコンテンツを増やして、再度クロールされたとします。この場合、多少なりコンテンツの評価が変わると思うのですが、ページの評価が変わるタイミングはインデックスされた時点なのでしょうか?

Googleの答え:インデックスされた時点で変わる。ランキングについては、ユーザーが検索した時点。(金谷氏)

複数ページで同じ画像を使用しても大丈夫?

質問:ポータルサイトを運営しており、コラムというカテゴリーを商材別で設置しています。保持している画像データが少ない為、コラムの内容にマッチした画像を複数ページで同じものを使用しております。

同じ画像を複数ページで使用することはページ評価に影響あるのでしょうか?

Googleの答え:問題ない。使う意味がある画像なら問題ないだろう。(長山氏)

検索エンジンスターターガイドの更新は?

質問:Google 検索エンジン最適化スターターガイドはいつ頃更新されますか?

Googleの答え:絶賛更新作業中です!(金谷氏)

全国展開しているサイトのベストプラクティス

質問:無店舗型の買取サービスを展開しているとします。サービスは全国対応しています。このような無店舗型のサービスを全国に展開しているサイトで各地域で検索結果に表示させるベストプラクティスはどのようなことが挙げられますか?

※クエリによって変わるのは理解しています。

Googleの答え:誘導ページに該当するようなことがないように注意すること。例えば、地域名だけ変えたランディングページの量産など。(金谷氏)

記事の一部だけを掲載するAMPページ

あるニュースサイトが、AMPページには記事の一部だけを掲載して、記事全文を読むにはボタンをタップさせて通常のモバイルページに訪問させるという構成をとっています。

このようなやり方は問題ないのでしょうか?たとえば、「コンテンツの不一致」に該当しないのでしょうか?

Googleの答え:AMPページはスマホページと一致させておくことが必要。著しくコンテンツの内容が少ない場合はコンテンツの不一致になるだろう。(金谷氏)

SearchConsoleの利用率

質問:日本のGoogle検索に表示されている全サイトの何%のサイトがSearchConsoleに登録しているのでしょうか?

p.s.長山さん、そんなこと聞いてどうするの?とか笑わないでくださいw

Googleの答え:そのようなメトリックは今のところ公開していないです(笑)(長山氏)

MFI:テスト開始時期とそのターゲット

質問:10月3日のハングアウト(英)で「既にMFIのテストを開始している」と話があったようですが、日本でも既に行われているのでしょうか?

テスト開始時期やテストのターゲットとなる業界などの情報が知りたいです。

Googleの答え:モバイルファーストインデックス(MFI)のテストは開始している。時期やターゲットはアナウンスできない。PCページとスマホページが著しく異なっていることがないようにしましょう。(金谷氏)

再審査リクエストの申請時のアドバイス

質問:過去の履歴を調べさせて頂いたところ、定型文的な質問しかなく、それに対して誠実に回答させて頂いたのですが、やはり手動による対策が解除されません。

考えられる全ての情報を出させて頂きました。

何が原因で解除されないのでしょうか?具体的なアドバイスを頂ければ助かります。

Googleの答え:前回話した内容が全て。回答した内容をもう一度見直してほしい。(金谷氏)

再審査担当者が今後も同じようなことが発生しないだろうという認識に至ったら解除されるだろう。いかにして、今後なぜ起こらないようになるのかきちんと説明した方が良い。(長山氏)

ウェブマスターヘルプフォーラムを活用してみても良いだろう。また、真剣に考えた定型文なので、機械的な応対をされたと感じないでほしい・・・。(金谷氏)

Google 再審査リクエストーSearchConsoleヘルプ

レスポンシブウェブデザイン

質問:Googleは現在モバイルサイトの実装方法として、レスポンシブ・動的配信・別URLの3種類の方法を挙げ、その中でレスポンシブを推奨していると思います。

推奨とはいえ、今のところ他の方法を採っていてもSEOに影響はないと思いますが、今後この実装方法がランキングに影響を与えるように変更される可能性はあるのでしょうか?

もちろんSPサイトがPCサイトに比べて情報が少なければ、MFI後に影響を受けると思いますが、完全に同じだった場合にもレスポンシブかそうでないかで差が出てしまうか知りたいです。

Googleの答え:PCとSPで差異があるようであれば、当然影響は受ける。差異がないのであれば動的配信や別URLでも影響はないだろう。レスポンシブを推奨するのは、レスポンシブであれば完全に同じにする手間が省ける為。動的配信や別URLだからランキングが下がるという話ではない。(長山氏)

次回のウェブマスターオフィスアワーは・・・

2017年11月後半を予定している!

ウェブマスターオフィスアワーで質問したい場合は・・・

質問フォームが用意されているのでそちらに具体的な内容を記載して送信しましょう。

また、ウェブマスターヘルプフォーラムという質問をする場も用意されているので、是非活用してほしいです。ただし、ここにGoogle社員が直接回答することは基本的にないです。ボランティアで集まった一般のTCや注目ユーザーが回答することになります。

今回のウェブマスターオフィスアワーをYouTubeで視聴される方はこちらから!