SEO情報格納ブログ -Googleウェブマスター

SEO施策やGoogle、SNSの情報を配信し、格納していくブログです。

日本語検索のアルゴリズムがアップデートされた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、Googleウェブマスター向け公式ブログにてGoogleが日本のウェブマスターにウェブサイトの品質評価を改善したことを発表しました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 日本語検索の品質向上にむけて

では、具体的にどのようなアップデートが実施されたのでしょうか。

 日本語検索アップデートの内容

ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイトの順位が下がります。その結果、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。 

 上記はGoogleウェブマスター向け公式ブログより引用しました。

この内容から読み取れることは、今回リンクの質は特に重視していないということです。

サイトへのリンク(被リンク)は検索アルゴリズムの中でも重要なシグナルです。

しかし、サイトへのリンクがほぼ関係ないとはいえ、自演リンクなどは絶対にやってはいけません。

これは検索結果のランキングを不正に操作するからです。

もしやっているならすぐに止めましょう。

リンク プログラム - Search Console ヘルプ

 

話題のキュレーションメディアが対象なのか

Twitter上では「キュレーションメディア」がアップデートの対象なのでは?

などとTweetされています。

私は正直関係ないと思います。

キュレーションメディアは確かに様々なサイトの情報をカテゴリー毎に収集して掲載しています。

もし、キュレーションメディアが対象なのであれば、そのキュレーションメディアに掲載されていたサイトもランキングが大きく下落しているはずです。

しかし、私はそのような現象は確認出来ていません。

Welqのような事実と反する記事を大量に公開していたキュレーションメディアは当然ランキングが下落したでしょう。

 

今回のアップデートは日本だけが本当に対象なのか

今回の変更は、日本語検索で表示される低品質なサイトへの対策を意図しています。

Googleウェブマスター向け公式ブログに記載されていますので日本だけが対象なのでしょう。

 

毎度にはなってしまいますが、ユーザーに有益なコンテンツを制作しましょう!

Googleを見てサイト制作する気持ちもわかりますが、その先には悩みや疑問を解消したい検索ユーザーがいることを忘れないように!

広告を非表示にする