SEO情報格納ブログ -Googleウェブマスター

最新のGoogle情報やSEO情報を配信!Web担当者の悩みを解決します!

将来的にリンクの否認が完了するとレポートに表示されなくなるかもしれない

昨日、GoogleのスポークスマンであるJohn  Mueller(ジョン・ミューラー)氏が私の質問に答えてくれた。

質問内容は、「リンクの否認が完了してもレポートからその対象URLが削除されないのはなぜですか?」です。

John Mueller氏のはどう答えたのか

Twitterで質問したのでTweetを添付します。

 John Mueller氏は、「うん。リンクはレポートに残ったままになるよ。nofollowリンクも同様に表示される。」と答えた。

 

ここでちょっとした気づきがありました。

nofollowリンクもリンクレポートに表示されることです。

nofollowリンクであれば、わざわざリンクの否認をする必要はありませんね。

ここで改めて、リンクの否認は慎重に実施しなくてはならない作業であることが再確認できました。

 

さらに質問をしました。

質問内容は「(そもそも)リンクの否認が完了したらレポートからそのURLを削除することは可能なのでしょうか?」です。

そして、John Mueller氏は「それ(バックリンクのレポート)はそういう風に設計されているんだ。でも、それについてあなたの意見を聞けて良かった!」

 

リンクレポートはそもそもリンクの否認が完了してもそのURLが削除される仕様ではない。

私自身は「リンクの否認」を実施したことはないが、もしかしたら将来的に実施する時が来るかもしれないと思い勉強の為に質問させてもらったのです。

 

このやり取りの最後に「バックリンクを管理するのにリンクの否認が完了したURLはレポートから削除されると管理しやすい」ということをJohn Mueller氏に伝えさせてもらいました。

 

リンクレポートは将来的に仕様が変更されるのか?

John Mueller氏にバックリンクの管理という観点からリンクの否認が完了したものはレポートから削除する方が良いとフィードバックしました。

John Muller氏から前向きな返答を頂けたのでもしかしたら将来的にリンクの否認後のリンクレポートに変化があるかもしれない。

 

リンクの否認は慎重に実施しないといけない

当然、リンクの否認が完了したらそのURLからリンク効果は無くなる。

悪質なスパムリンクをしてくるウェブサイトからは否認して良いとは思うが、優良サイトからのリンクも同様にリンクレポートには記載されている。

誤って優良サイトからのリンクを否認した場合、もしかしたらあなたのサイトのランキングに影響が出るかもしれない。

再三にはなりますが、リンクの否認作業は慎重に行いましょう。

 

【更新】

「続きを読む」を設定しないとシェアボタンにユーザーが気付かないことが判明しました。