読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEO情報格納ブログ -Googleウェブマスター

SEO施策やGoogle、SNSの情報を配信し、格納していくブログです。

SEOの施策としてサイトのランキングを上げるにはどうしたら良いか

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ユーザーへどのような記事を提供すれば良いかというテーマでご紹介しました。

今回は、ご自身が運営しているWebサイトのランキング向上に関してご紹介します。

 何をすればWebサイトのランキングが向上するのか

Search Consoleヘルプにこのようなことが記載されていました。

Googleの検索結果におけるサイトのランキングを上げるうえで最も大切なことは、情報を豊富にして、コンテンツのテーマを示す関連性の高いキーワードを適切に含めることです。 

 ※強調表現は私によるものです。

 

まず、情報を豊富にしましょう!

在り来たりな情報をたくさん掲載しても恐らくPageRankは上がりません。

WebサイトのSEO施策を考えるうえでは、ユーザーに有益であり、独自性が高いコンテンツ掲載が必須です。

ページ数が多ければ良いというものではなく、関連性が高いのであれば1ページにまとめる工夫も必要であると思います。

 

例えば、車の情報サイトを運営しているとします。

現状では、ある車のエンジンの性能が紹介されているページとある車の購入オプションが紹介されているページが分かれている。

この「ある車」というのは同じ車です。

そうなのであれば、「ある車」の紹介ページとして1ページに全てまとまっていたほうがユーザーは一気に読むことができます。

要はカテゴリー別にページを分けても良いのですが、ユーザーはその「ある車」の何が知りたいか正直、サイト運営者側としてはわからないので1ページにまとめたほうがユーザビリティの向上になります。

 

さらにはコンテンツ内に購入時には気にならないけど、ある程度使用すると気になるところなどを掲載していれば他のサイトとの違いを生み出せるかもしれません。

※あくまでも例です。

 

コンテンツテーマそのもののキーワードを詰め込んではいけない

これは本当に気をつけなくてはならないことです。

SEO コンテンツ」というキーワードで上位表示を狙っていて、「SEO」「コンテンツ」という単語を文章的には問題ないけれど、たくさん詰め込む方が今でも多いです。

このようなコンテンツだと、読んでいるユーザーが飽きます。

実際、このようなWebサイトは上位には出てきません。

普通に記事を書いていれば直接的な単語はある程度出てきますが、やはりそれに関連する単語(共起語)が重要です。

但し、気をつけてほしいことがあります。

共起語を多用すればいいのか!なんて安易に考えないでください。

表記方法によっては同義語とGoogleに判断される可能性があるからです。

もし、同義語と判断された場合は「同じ」単語として扱われるのでペナルティの対象になります

もし、実践するのであれば共起語にはアンカーを設置してください。

 

広告を非表示にする