SEO情報格納ブログ -Googleウェブマスター

最新のGoogle情報やSEO情報を配信!Web担当者の悩みを解決します!

PC、モバイルで別々のURLを使用

Googlebotがサイトの設定を正しく認識する為には

PC用ページに、対応するモバイル端末用URLを指すためのlink rel="altemate"タグを追加します。

 

バイル端末用ページに、対応するPC用URLを指すlink rel="canonical"タグを追加します。 

 

例を挙げます。 

PC用ページ(http://example.com/)には、

<link rel="altemate" media="only screen and (max-width: 640px)"

href="http://m.example.com/)>

 

バイル端末用ページには、

<link rel="canonical" href="http://example.com">

 

この双方向からのアノテーションにより、Googlebotが両URLの関係をを把握し、適切に処理してくれます。

 

 

 

 Googleは注意点として以下を明示しています。

rel=" altemate"とrel="canonical"を使用する場合は、モバイル端末用ページとそれに対応するPC用ページの関係が1対1になるようにしてください。

1つのモバイル端末用ページを複数のPC用ページから参照するようなアノテーションは避けてください。(その逆の同様)

 

複数のPC用ページが、1つの無関係なモバイル端末用ページにリダイレクトされていないことを十分確認してください。

 

自動リダイレクトとは

PC用、モバイル用どちらかのURLにユーザーがアクセスした場合、ユーザーの環境に合わせて自動リダイレクトすることが可能です。

 

サポートされるリダイレクト方法というのがGoogleから紹介されています。

・HTTPリダイレクト

JavaScriptリダイレクト 

 HTTPリダイレクト

 HTTP リダイレクトは、クライアントをデバイス固有の URL にリダイレクトする場合によく使用します。通常、このリダイレクトは HTTP リクエスト ヘッダーにあるユーザー エージェントに基づいて行われます。リダイレクト先をページの link rel="alternate" タグやサイトマップに指定されている代替 URL と一致させておくことが重要です。

 

この目的のために、サーバーのリダイレクトで、HTTP ステータス コード 301 または 302 のどちらを用いても問題ありませんが、可能な限り 302 を使用することをおすすめします

 

JavaScriptリダイレクト

 HTTP リダイレクトの実装が難しい場合は、JavaScript を使って、link rel="alternate" タグが指す URL にユーザーをリダイレクトできます。この方法を選択する場合は、まずブラウザ上でページをダウンロードしてから JavaScript の解析、実行が行われるため、リダイレクトがクライアント側で起こるまでに遅延が発生することに注意してください。

 

JavaScript ベースのリダイレクトはさまざまな手段で実装できます。たとえば、既にサイトのページのリンク アノテーションで使用しているメディア クエリを、JavaScriptmatchMedia() 関数を使って実行することも可能です。

 

ユーザーの利便性をよく考え、PC用からモバイル端末用への「単方向」リダイレクト、PC用とモバイル端末用双方への「双方向」リダイレクトのどちらかを選択しましょう。

重要なことは、一貫性のあるリダイレクトを設定することです。

設定が正しくないと、最悪一部のユーザーにコンテンツが表示できなくなる可能性があります。

 

SEO視点では

バイル端末用ページを構築することは、現在のモバイル化に則しており、ユーザーが求める高品質なコンテンツであれば上位表示の可能性が高くなります。

しかし、設定したURLが間違っているとGooglebotは2つの構成要素として認識します。

検索結果に両URLのサイトが表示されてしまい、1つの構成要素として認識できません。

結果、重複ページと判断され、ペナルティを受け、ランキング低下やインデックスから除外される恐れがあるので十分に注意しましょう。

 

別々の URL - ウェブマスター向けモバイルガイド